News

「兄・彰弘によるコロンビア戦のマッチレビュー」

「兄・彰弘によるコロンビア戦のマッチレビュー」
25日5:00~(日本時間)に行われた、日本vsコロンビア戦を、 遠藤保仁の兄・彰弘(元 横浜F・マリノス、アトランタ五輪日本代表)がインタビュー形式で語ります。

-コロンビアに完敗しました、原因は?

最初から日本のサッカーをしようと、とても気持ちの入ったプレーをしていました。
失点してからも気持ちを切り替えて、前半のうちに追いつく事ができたのはとても良かったと思います。
ただ、コートジボワール戦と同様、後半から出て来た相手のエースを意識しすぎて、前半してきたサッカーが出来なくなってしまいましたね。

ハメス・ロドリゲス選手に対して、後半、選手交代などで対策をしましたが、そうではなく引き続き日本の攻撃的なサッカーを貫いてほしかったと感じました。
他会場の試合も同時に見ていましたが、コートジボワールの調子が全然良くなかった。
結果的にギリシャが勝ち、日本にとっては、とてもチャンスだったので残念です。

-ワールドカップを終えて、日本サッカーが今後するべきことは?

やはり、監督の交代によってサッカーが変わるのではなく、日本のサッカーというものをもう一度見直す必要があると思います。
強豪国、例えばスペインやイングランド、ブラジルはどんな監督になってもサッカーのスタイルは変わりません。
日本も“これが日本のスタイルだ”というものを見つけてほしいです。
そのためには今後さらにJリーグが盛り上がっていく事も大事ですね。
Jリーグの盛り上がりが、日本サッカー全体の底上げに繋がると思います。

そして、もちろん育成の部分。
正直、彼(遠藤保仁)のようなゲームをコントロール出来る選手がなかなか出てこない。
これは育てるしかありません。自分も指導者として、全力で未来の日本代表を育てる責任があると感じました。

-遠藤保仁について

まずは「お疲れ様」と言いたいです。
日本代表最多出場という記録は、その試合数だけ人よりもプレッシャーを背負ってきたということ。もちろんこれからも代表を目指してほしいと思っていますが、まずはお疲れ様と言いたいです。
そして、これからもJリーグ、日本代表を盛り上げてくれたらと思っています。
ファンの皆様も応援ありがとうございました。これからも彼や日本代表の力になってあげてください。宜しくお願いします。
username

カズミ

14:51 Jun 29, 2014

本当にヤットさん、お疲れさまでした
空港で皆の笑顔がなかったのが、とてもさみしかった
私も出来ることなら、勝たせてあげたかったし、
決勝トーナメントに行かせてあげたかった
でも気持ち切りかえて、リーグ戦 巻き返しをはかるべく
またガンバを今ちゃんと一緒に引っ張っていってほしい
代表もこれからもチャレンジし続けると言ってくれて
すごく嬉しいです!
一分一秒でも長くヤットさんのプレーを観ていたい
その期待に応えるべく、現役を続けていってくれるであろうヤットさんに
これからも期待し、応援し続けることを誓います

1

Endo’s room 「Y's Interview」Digest 無料試聴

新規会員募集
遠藤保仁ギャラリー
トップへ戻る